タイ

2014年11月 タイ、バンコク

 路上の物売りの人達は作り笑いを見せながら時折、疲れきった虚ろな表情を見せる。

 

その直ぐ近くの店で日本人が彼等の月収でも食えないような高級焼肉を食っている。

貧富は凄まじい勢いで広がり少しでも金を稼ごうと人々は必死に生きている。

今まで沢山の貧困を見てきたが実は貧しい事が不幸なんじゃなくて

そういう圧倒的に違う価値観の世界が隣り合わせにある事が不幸を生むんじゃないかな。

 

人と比べたり妬んだり嫉妬したり。

 

成功しお金持ちになっても一生のうちに食べられる量も贅沢出来る範囲も大体決まっている。

上に行けばいく程色んな世界を知るんだろうけど。それと幸福感は比例しない。

高級焼肉も毎日食べたら感動も薄れる。

 

インドネシアの島に住んでいた時は人々は貧しい中でも思いやりがあり常に子供の様な笑顔をしていた。

そこには嫉妬も妬みも明日の不安も死への恐怖もなかった。

だけど今回の旅で分かった事は

やっぱり行けるとこまでいってみたい。

と思った。

IMG_1025IMG_1031